2010年09月24日

2007年9月24日(月)

朝からメールを待っていた
もう病院は開いているはず
ひろぽんから メールが来ない
連絡が来ない
なんで? どうしているの?
とても不安だった
ぽっちが元気だったら すぐにメールできるはず?
元気だからメールが来ない?

その頃、ひろぽんが どんな思いでいたのか・・・
あとから知った

「キャバリア♪ぽっちのぽちっとな日記」


24日11時
ひろぽんからメールが届いた
ぽっちが
今朝8時ごろ、虹の橋を渡って行ってしまったって。

ぼろぼろ泣いた
なにも 出来なかった
会いに行くことも 抱きしめてあげることも
声を掛けてあげることも なにもできなかった

最後に会ったのはいつ?

毎月1回は会わせてあげようね、って言ったのに
後悔した
ものすごく 後悔した
再度 メールが届いた
「最後のお別れ」をしてほしいって。
都内の動物霊園17時
アンディも連れて行くっと決めていた
途中、花を買った
ぽっちのイメージで 可愛らしく束ねたガーベラ
色は淡いピンク

IMG_4787.JPG

アンディが大好きなガムも ぽっちにあげてほしくて持っていった
アンディが好きならぽっちも好きかなぁ、と思った
4時半ごろ着いた
待合室で待っていた
ほどなく ひろぽんが入ってきた

ダンボール箱を・・・ 抱えて入ってきた
その中に ぽっちが眠っていた
ぽっちの身体は 温かかった
心臓が止まっているなんて思えなかった

わけわからないアンディが ひろぽんに甘える
妹ぽっちと対面したけれど
    アンディ
君には どう映ったのかな
一緒に生まれ 一緒に乳児期を共にしてきた妹だよ
お別れなんだよ

9ヶ月と28日 住む場所は違っても
君と同じ時間を過ごしてきたぽっちだよ
なんで、ぽっちの時間だけ止まってしまったの

ひろぽんが アンディを抱きしめてくれた
「ぽっちと同じ匂いがする」
「えっ? 同じなの?」
ひろぽんが アンディを 優しく撫でてくれる
アンディが ひろぽんに応える

待合室で ひろぽんが 今まで撮ってきたぽっちの写真を見せてくれた
ご家族の皆様も みんな笑顔で その真ん中に ぽっちが居た 
愛を振りまいてきたぽっち
アッと言う間に ここから旅立ってしまたんだね

ぽっちが ダンボール箱から棺へと移された
それが・・・  現実だった。

ぽっちの回りには たくさんの花
そして 愛用品 おもちゃで華やかになった
ぽっちの枕元に ひろぽんは 手紙を置いた

IMG_5511-thumbnail2.jpg

棺の中のぽっちに なんども なんども 身をかがめ 話かけるひろぽん
気丈に振る舞い、私たちの前で取り乱すこともなく
ほんと なんて 強い方なんだろうって思った
ぽっちのオーナーとして とても立派だった

最後に ぽっちとひろぽん
とても似ているなぁーて思った
一番に回りの人のことを思いやる 
気配りができる
しっかり者だよ 尊敬できる女性

ぽっちは 50万分の1くらいの確率でしかならない先天性小脳ヘルニアだった
なぜ ぽっちだったんだろう
同じ母体だったんだから アンディだってなる確率があった
この運命を背負うのは
ぽっちじゃなくって アンディだったかもしれない
そんな思いが頭を過ぎった

その運命をふたりのうち、どちらかが背負わなければならないと分かっていたら
きっと、ぽっちが神様にお願いして「私が受けます」と言ったに違いない
だって アンディは 腰抜けだし 弱虫だから
「お兄ちゃんはいいわ!」って。。。
ぽっちは 自分の身を差し出したんだと思う

今でも思う
なんで ぽっちが ここに居ないのか
夢じゃないのかって
でも 感じるときもある
フッとしたときに 部屋にぽっちの気配があることを。
実際、家に遊びに来たことは一度もなかったけれどね

お茶目なぽっちだから
こっそり アンディに会いに来ているかもしれないね
アンディ、君はひとりになった分けじゃないからね
君は ぽっちに見守られているよ
家族の絆は 強く結ばれているからね

ぽっち ひろぽん
この出会いを 大切にするよ
たくさんの勇気をもらったよ
ありがとう

ひろぽんから 勧められて始めたこのブログ
これで 締めたいと思う
「アンディの気持ち」を始めて たくさんのキャバリアに出会えました
ありがとう

これからは
「キミのとなりにボクがいる♪」
そして 絵本ブログ
「夢の時間へ」で お会いましょう


長い間、「アンディの気持ち」にお付き合いくださり
ありがとうございました
心より お礼申し上げます

天国にいる ぽっち
ありがとう
今でも変わらず 大好きだよ
これからも ずーっと大好き♪





ニックネーム ヨーコ at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 想い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

2007年9月23日(日)

この日 私たち家族は 娘たちの誕生祝いを兼ねて
サンリオピューロランドに遊びに行っていた
軽く夕飯を済ませ そのままミポが寝てしまった
5時半から始まるパレードを見るために
私はミポを抱っこして 場所取りをし
ヒデパパとミミは 館内に遊びに行った

4歳になったばかりのミポを抱っこして
ボォ〜としていたら
ひろぽんから メール

「ぽっちが危篤。。。」

えっ?
だって昨日 元気に遊んでいたじゃん!
驚いたというか、信じられなかった

なんで? なんで? なんで? どうして?

すぐにヒデにメールした
メールしたから どうなるわけでもなかったが
すぐに知らせたかった  私のそばに居てほしかった
そして ひとり 家に残してきたアンディのことが気になった

すぐに帰らなきゃ・・・

どうすることもできないけれど そう思った

i4.jpg
(ひろぽんに抱えられたぽっち 携帯最後の画像)

夜11時、12時 ひろぽんとメール
一回は病院出たけれど、痙攣してしまい また病院へ
ぽっち 入院
このまま夜を明かすことになるって

ぽっち、病院から出て ひろぽんに抱っこされて
嬉しくなって、興奮してしまうと痙攣を起こしてしまうんだって
私たちもアンディ連れて 会いに行きたいっと言ったけど
きっと 嬉しくなって痙攣を起こしてしまう可能性が高いから...って
とにかく 今 私にできることは 祈ることだけ
容態が安定することを 祈る 元気になることを 祈る

祈る
心から祈る

涙が止まらない  怖い   助けて


明日、病院が開いたら すぐに会いに行くからって
またメールをもらう約束をした

長い長い夜だった
ひろぽんにとっては 私以上に辛く長い夜だったに違いない







ニックネーム ヨーコ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

2007年9月22日(土)

今から3年前 2007年の話
忘れられない3日間がある

そのことを ずっと心に秘めてきた
言葉にすることも出来ず 3年経ってしまったけれど
今、ここで 全てを 書き記しておこうと思う
大事なことだから・・・。 とても大切なことだから・・・。


-----------------------------------------------------------

2007年9月27日 土曜日 快晴

この日、小学5年生だったミミの運動会の日
朝から とても暑い日で 広い運動場には木陰が少なく ふぅ〜ふぅ〜していた
午前中の競技が終わり、お昼休みに入ったとき
ひろぽんから メールが来た

「今、代々木公園 ぽっちとふたりで来ています
ぽっちの体重が5.1キロになったけど、アンディはいくつ?」
画像付きで 送られてきた


私たちは ぽっち&アンディの 成長を 常に報告しあっていたね

i.jpg

i2.jpg


あくびをしたぽっち!(笑)


i3.jpg

手作りチキンジャーキー!

「アンディの体重は5.2キロ、ぽっちとあまり変わらないね
チキンジャーキーの作り方教えてぇー」

そして私は
「来月、涼しくなったら 会おうねーー♪」と続けた。

お別れの時間がすぐそこに 近づいていることも知らずに・・・
のんきなことを・・・。

最後に会ったのは いつだった?

毎月1回は会わせてあげようねぇー。って約束していたのに

とても後悔した

すごく後悔することになった


ニックネーム ヨーコ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

また9月に

9月になると どうしても 胸がキュンとなる
3年前のことを 思い出す
忘れたことなど ないけれど
やっぱり9月に入ると特別

このブログに きちんと綴っておきたいと思いつつ
未だに書けないでいることがある

このブログも放置気味

9月に入って ブログのタイトルを元に戻した
キチンと気持ちの整理をしなきゃ・・・
ニックネーム ヨーコ at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする